無料動画で全世界へ自分を発信

YouTubeなどの動画サイトは誰でも簡単に見ることが出来て、しかも全世界に発信できるツールとして近年非常に注目されています。
今、このツールを利用して全世界に自分をアピールした結果、話題になり、いろいろな分野でデビューする若者が増えています。
日本でいうならば、芸能人、有名人になるにはスカウトマンからスカウトされたり、自ら事務所へ応募したり...といった流れが一般的でした。
しかし現在では、業界関係者もYouTubeなどのサイトを見て、新人を発掘することが多い様です。
コストもかかりませんし、Web上で話題なっていることであれば、既にそのことを認知している人が多いので、一から売り出す必要がありません。
売り出しの文句は「今Webで話題!!」この一言だけでファンに与えるインパクトは絶大です。
自分の特技や自慢できることを、みんなに見て欲しい。
その思いから投稿した動画で全世界的に有名になれるというのは、自己アピールの方法として、Webが確立した証拠ではないでしょうか。
しかし、注意点もあります。
顔が見えない分、警戒心が薄れ自分をさらけ出し過ぎてしまう可能性もあります。
例えば以前、話題になりたいからと友達をいじめる動画を投稿した小学生がいましたが、これは明らかに道徳に反します。
積極的に自分をアピールする場として動画サイトを活用することは大いに結構ですが、Web上も公共の場。
モラルを守った利用を心がけて欲しいものです。